公認心理師(2018年試験対策)書籍【これ1冊で!最後の肢別ドリル】辰已法律研究所・京都コムニタス

2019公認心理師試験対策講座DVD受講

公認心理師試験の全科目にフル対応!

①知識インプット講義とは

第1回公認心理師試験(9/9実施分・北海道試験分)を徹底分析。ブループリントのキーワードを中心に、その周辺知識も加えて解説します。

続きを読む

知識インプット講義は、講義時間が約2時間、講義の中でブループリントのキーワードを中心に説明をしていきます。第1回公認心理師試験の問題を参考に、どのようなところを押さえておいた方がよいのかを説明します。
例えば、第1回公認心理師試験(平成30年9月9日実施分)の問6の系列位置効果の問題です。系列位置効果は、ブループリントのキーワードには挙げられていませんが、短期記憶に関連するキーワードとして出題されています。つまり、短期記憶のことだけを学習していても解答するための知識は得られません。
ここで、2018年知識インプット講座の知覚・認知心理学のテキストから引用します。

系列位置効果(serial position effect)とは、一定の順序で与えられた情報の系列位置によって、情報の貯蔵、及び検索のされやすさが異なることを指す。系列位置効果を示す実験に自由再生法の実験がある。
自由再生法とは、例えば、「時計、電車、新聞…」というように、10~15語ぐらいの簡単な単語を1語ずつ一定の速度で提示し、提示された単語を思い出した順に再生させる方法である。このような実験を行うと、単語の提示された系列位置によって再生率の差異が生じ、リストの初頭部と終末部の単語の再生率が高くなる。このように、系列の初頭部の再生率が高くなる現象を初頭効果(primacy effect)と呼び、系列の終末部の再生率が高くなることを新近性効果(recency effect)と呼ぶ。
一方、リストの提示後10~30秒程度のインターバルを挿入し(この間は簡単な計算作業が課される)、その後に再生を求めると、系列位置曲線に影響が生じる。リストの初頭部、及び中央部の再生率は影響を受けないが、終末部の再生率は低下し、新近性効果が消失してしまう。


図.系列位置効果(森敏昭ほか:グラフィック認知心理学 p.19 サイエンス社 による)

これは一例ですが、テキストを基に学習していただければ、問6系列位置効果の問題を解答することができます。このように、科目ごとに当塾の担当講師が作成したテキストを基に、押さえておくべきキーワードの解説を行っていきます。

②演習25問とは

本試験の傾向を押さえた択一問題(一部択二を含む)を1コマ25問ずつ出題します。33分でご解答ください。自己採点後、次の演習解説講義を視聴ください。

③演習解説講義とは

ブループリントの小項目キーワードを覚えただけでは、本試験での合格点獲得は不透明です。設問の文脈を捉えた思考法・解答法を解説します。

続きを読む

演習解説講義は、講義時間約2時間です。はじめに、受講者の方には問題冊子にある25問を解答していただきます。問題の形式は、第1回公認心理師試験の出題形式にならい、四肢択一、五肢択一、五肢択二になっております。解答を終えた後に、自己採点をしていただき、それから解説講義をご覧ください。演習解説講義の問題は、第1回公認心理師試験の問題を参考に各科目の担当講師が作成した問題について、どのようなキーワードがどのように問われたりするのか、問われ方やそのために必要な知識・キーワードの解説を行います。
例えば、第1回公認心理師試験(平成30年9月9日実施分)の問24のパーキンソン症状の問題、問131の認知症の問題です。どちらもLewy小体型認知症に関連する問題です。認知症に関しては種類があり、アルツハイマー型認知症に限らず、どの認知症にどのような症状がみられるかも押さえておかないと正答できない問題になっています。ここで、2018年解答力トレーニング講座の健康・医療心理学の問題・解説を引用します。

●正誤問題(次の文章が正しいか、誤っているかを答える問題)
問37 レビー小体認知症ではパーキンソン症状がみられる。

正答 正しい。レビー小体認知症は、大脳皮質の後頭葉などに広範にレビー小体がみられる変性性認知症であり、症状にはパーキンソン症状、幻視などがみられる。

もう1問、ご紹介します。第1回公認心理師試験(平成30年9月9日実施分)の問38のいじめ防止対策推進法の問題です。まず、2018年解答力トレーニング講座の教育・学校心理学の問題・解説を引用します。

 ●正誤問題(次の文章が正しいか、誤っているかを答える問題)
問10 いじめ防止基本方針の策定は、国、地方公共団体、学校で義務づけられている。

正答 誤りである。地方公共団体は、いじめ防止基本方針の策定に関しては努力義務となっている。いじめ防止基本方針は、正式には「いじめの防止等のための基本的な方針」であり、平成25年10月11日(最終改訂 平成29年3月14日)に文部科学省により策定されている。

 いじめ防止対策推進法は全35条あり、どの条文のどのような内容を押さえておくべきか判断が難しいところもありますが、問38の選択肢③は第1回公認心理師試験を受験された方々にとってもやや判断に迷う選択肢の1つになっていたように思います。
 このように、2018年解答力トレーニング講座の問題の中にも、第1回公認心理師試験の問題の類似する内容がありました。2019年公認心理師試験対策講座の解答力トレーニング講義においても、公認心理師試験対策に直結する問題・解説をご提供できるよう、作成しております。


〇過去問(2018本試験)が難しく感じたら、
〇コムニタスのプレ模試で、半分以上の科目が平均点以下だったら、
1. 全科目一括
がお薦めです。
※2018本試験は日本心理研修センターのHPで公開されています。
※プレ模試をご希望の方は、こちらからお申込みください。
※全国模試は含まれておりません。ご希望の方は、こちらからお申込みください。
全科目一括の詳細へ


〇苦手分野克服には、
2. 心理学未修者用セット
3. 医療系科目セット
4. 法律系科目セット
5. 事例対策セット
がお薦めです。
もちろん、セット受講+科目別受講も可能です。
セット受講の詳細へ


〇苦手科目克服には、
6. 科目別受講
がお薦めです。
科目別受講の詳細へ

PAGETOP